シャンプーの界面活性剤の種類は非常に多いのですが大きく分けると5つに分類できます

この画像はシャンプーの洗浄成分を分類しています。おおまかに分けると高級アルコール、αオレイン酸系、石鹸系、アミノ酸系、タウリン系に分けられます。

シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)は大別すると5つに分けられます。最近は石油系合成活性剤は少なくなりました。しかし、代わりにヤシ油系の合成界面活性剤が使われているのも確かです。


ラウレス硫酸Na、ラウレル硫酸Naなど良くないと見聞きする事も多いのではないでしょうか…。


上記の界面活性剤は以前には石油から作られていましたが、石油の高騰もあり最近は安価に作れるヤシ油合成活性剤で作られています。


  • 高級アルコール系(合成界面活性剤)
  • αオレフィン酸系(ヤシ油系合成界面活性剤)
  • 石鹸系(・アルカリ性・酸性がある)
  • アミノ酸系(・グルタミン酸系・アラニン系・グリシン系)
  • タウリン系

アトピーや敏感肌に優しい洗浄成分は?

アトピーに優しい界面活性剤の分類の可否

アトピーや敏感肌で悩んでいる方には一般的には上記の図のように比較的、洗浄力の優しいアミノ酸系やタウリン系の界面活性剤(洗浄成分)推奨されますが、アミノ酸の中にも個々の体質により合わない物もあります。


多くのアミノ酸シャンプー剤の場合、上記のようなアミノ酸の種類の特性により複合してシャンプー剤の中に入っています。単体で使用されることはほぼありません。



トップへ戻る