Redirect 301 /hikaridokusei.html https://scalp.icu/hikaku/k/hikaridokusei.html

haruシャンプーの光毒性は嘘がありますから解説しましょう

この記事は記事はサイトリニューアルの為に移動いたします。haruシャンプー光毒性へサイトURLは上記に掲載のhttps://scalp.icu/hikaku/k/hikaridokusei.html になります。
haruシャンプー全成分表示の光毒性成分について



結論から申し上げますと副作用の心配は有りません。嘘のうわさです。
光毒性とは柑橘系の果皮油(エッセンシャルオイルやアロマオイルなど精油)に含まれる成分で上記のharuシャンプーにも入っている・レモン果皮油・グレープフルーツ果皮油などです。


haruシャンプー解析と有効成分


皮膚などに残留し太陽など紫外線にあたった場合にシミやシワなど色素沈着や炎症、水泡などが出る場合があるとのことですが、下の画像にも皮膚に残る製品の基準としています。


  • レモン果皮油
  • グレープフルーツ果皮油
  • ベルガモット精油
  • アンジェリカ・ルート精油

しかし、haruシャンプーはシャンプー剤で洗い流すものであって他の化粧品のように皮ふや頭皮にそのまま残留するものではありません。


以下のように日本香料工業会、香粧品香料の安全性の歴史より参照します。

光毒性IFRA規制基準より安全性
画像参照:IFRA 理事会 理事,IFRA SC(科学委員会)JFFMA(日本香料工業会)特命委員 長谷川香料株式会社 品質保証部 浅越亨氏

  • グレープフルーツ果皮油は全体量の4%
  • レモン果皮油は全体量の2%

上記TOPのharuシャンプー全成分表示は内容成分が量の多いもの順に表記されています。よって1%にも満たない量の配合です。


一応、洗い流す製品にいたっては制限なしとなっています。ですが敏感肌や気になる方は使用を控えるか、皮膚科医に相談しましょう。



haruシャンプーTOP

 

 

 

トップへ戻る