アトピーや敏感肌でスカルプシャンプー洗浄成分との上手な付き合い方

スカルプケアヘッドマッサージ画像です
acworksさんによる写真ACからの写真


シャンプーにはあたりまえですが洗浄成分が入っています、界面活性剤とも呼ばれていますね。低質な合成活性剤からアミノ酸系の活性剤、石鹸系の活性剤とあります。


アトピーや敏感肌の方へは特に注意が必要となります。


この界面活性剤の目的ですがもちろん汚れを落とすこと、成分を乳化させる目的もあります。水と油は本来、混ざり合わないので混ぜるために乳化剤として界面活性剤が使用されるわけです。


洗浄成分の乳化をイメージ
Photo by Alex Kondratiev on Unsplash


頭皮からも脂が分布されてお肌や髪の毛を本来は守ってくれているのです。お肌のバリア効果などともいわれれていますね。


しかし、時間とともに頭皮からの脂や一日の汚れやホコリで頭皮の脂は酸化してしまいます。


この酸化することにより、頭皮の脂に雑菌が繁殖して不快臭が発生したり炎症の元となる事があります。


アトピーや敏感肌の場合、洗浄力の強いシャンプーや洗いすぎにより、このバリア機能がうまく活動していない状態が考えられます。


頭がクサい
そこで、シャンプーを使い頭皮や髪を洗うわけですが、頭皮やお肌には雑菌のほかにバリア機能をもった常在菌が存在します。

この常在菌はとても大切な菌で私たちをお肌を外部から守る役割を果たしてくれます。アトピーや敏感肌の方は常在菌に保護されていない状態といえるでしょう。潤いがなくカサカサしていませんか?


関連記事:欠かせないのがシャワーヘッドで水道水の塩素除去には必要ですね。

アトピーの場合は特に界面活性剤は常在菌(良性菌)まで洗い流すから悪循環になります

洗いすぎ洗浄成分には注意が必要です
上記でお話したとおり私たちのお肌には常在菌が働いて頭皮やお肌を正常に保つ役割りをしてくれます。


ですが、市販の洗浄力の強すぎるラウレス硫酸系のシャンプー剤は泡立ちや脂の洗浄には良いが頭皮やお肌に必要な常在菌まで洗い流してしまうシャンプーが多いのです。


そうすると頭皮やお肌はどうなるかというと、清潔にはなりますがバリア機能まで失われてしまいます。


そのような状態ですと、人間の身体は守ろうとする働きが表れて皮脂をを過剰分泌するのです。


皮脂の過剰分泌画像強い洗浄成分や洗いすぎは皮脂を過剰に分泌させます


それが「洗っても洗っても脂っぽくなる要因」で悪循環になっちゃいます。


または逆に脱脂力が強すぎて乾燥しフケやかゆみの原因になる場合もあります。


アトピーや敏感肌、乾燥肌などの場合は上でも申し上げた通りバリア機能がうまくいっていない状態です。


頭皮の状態を良くするためには、ここで紹介しているスカルプシャンプーや、ミラブルプラスのような塩素除去効果をもち、毛穴の汚れまで落としてくれるシャワーヘッドでしたらシャンプーの必要もありませんね。


アトピーの娘に開発されたシャワーヘッド
アトピーシャワーヘッド、ミラブルプラス

ウルトラファインミストバブル【ミラブルプラス】
正規代理店ID:01S082302S02

 

・選べる5,000円ギフト券プレゼント
・全国送料無料
・アダプタープレゼント
・メーカー保証1年付き
・代引き手数料無料

 

今ならオリジナルラッピングが無料

価格 購入は正規代理店公式サイトから 評価
40,900円(税抜) アトピー,シャンプー,洗浄成分

 

または塩(アルカリ性)で洗い雑菌だけを死滅させ角質などの除却もできます。


ただし、お肌や頭皮のペーハーを調整しなくてはいけません。そのためにリンゴ酢(酸性)を使いPH調整(中和し弱酸性に保つ事)します。


ただし、湯シャンや塩シャンは泡が立ちませんから洗った感覚がないと違和感がありますよねぇ…そこで・良質な無添加・オーガニック・スカルプシャンプーを紹介しています。

アトピーの私が使って良かったスカルプシャンプー

トップへ戻る